電気ショックで心臓の収縮を正す

電気ショックで心臓の収縮を正す

 

危ない不整脈である心室細動が起きたときに、医療機関で一般に行われる緊急措置として、電気ショックがあります。映画やドラマでよく見かけます。

 

しかし、心室細動がちょうどうまいぐあいに病院内で起こるとは限りません。

 

そこで、検査によって、危ない不整脈が起こりそうな心臓の状態なのかをチェックし、発作が起こっても命の危険を防ぐための処置が行われます。

 

危ない不整脈をいかにして見つけていくのか。それが診療の重要な内容となります。不整脈を自覚したことのある人は、一度医擗機関を受診し、「危ない不整脈」かどうか、くわしい検奄を受けるようにしましょう。また、健康診断、人間ドックで不整脈 が指摘され、精密検査を行うこともあるでしょう。

 

まずレントゲンや心電図をとります。しかし、この時点では異常は発見されにくいものです。そこで、もっと長い時間にわたって継続して心電図をとる、「ホルター心電図」検査を行います。これによって、いつ、どんな不整脈が起こったのかを、調べること ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です