致命的な症状を抑えるICD

致命的な症状を抑えるICD

これらの検査をふまえて、治療を行います。心拍数をコントロールする薬を処方することは多いですが、いつ起こるかわからない不整脈を持っている人に、たいへん効果的な治療法があります。それが 「植え込み型除細動器」UCD)です。

体内に植え込んだ機器で、心臓に電気ショックを与える治療法で、現在、危ない不整脈の一般的な治 療法になっています。

ICDは石鹼程度の大きさで、心臓の電気信号を常にモニターし、不整脈の発生を監視します。不整脈が検知されると、それが治療すべきタイプなのか どうかチェックします。

また、そのメモリには、異常な不整脈が発生したときの心臓の状態が常に記録されています。心拍の異常を検知すると、プログラムされた設定に基づいて電気エネルギーを送ります。ICDはいわば、小さなコンピュータなのです。

ICDはリード線を静脈に通して、心臓の内部にセットします。植え込みの手術は、簡単で安全なもので、ほとんどの場合は数時間で終わります。植え込み場所は、医師の判断のうえで、胸部あるいは腹 部になります。

心室頻拍や心室細動が起きると、これを自動的に感知して、すぐに電気ショックを与え、心臓の収縮を正常に戻します。この治療中は、本人が何も感じない場合もありますが、動悸を覚える人もなかには います。なお、痛みはまずありません。

この方法が実用化されてから、致命的な心室頻拍や心室細動を、かなり抑えることができるようになりました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です